五月病

五月病診断

五月病は新しい環境になじむことができないことが原因で、様々な症状が現れる状態をいいます。

 

具体的には、気分がすぐれない、なぜか不安、焦ってしまう、食欲不振、寝付けない、疲れるなどの症状が現れます。こうした症状が現れている方は、もしかすると五月病かもしれません。

 

基本的に五月病は、環境になじめないことにより引き起こされます。医学的には適応障害やうつ病といわれる状態です。

 

ストレスが過度にかかっている状態なので、自分の状態を冷静に認識してストレスがたまりすぎないように環境を整えることが重要です。

 

もし、自分の状態を把握できないのであれば五月病のチェックをしてみてはいかがでしょうか。

 

あくまでも簡易のチェックになりますが
常に気分がすぐれない、
他人と会うのが億劫で話もしたくない、
新しい環境に出向くことが憂鬱、
仕事や勉強についていけないと悩んでいる、
朝起きてベッドから出ることが辛い、
新しい環境に入ってからマイナス思考にはまっている、
洗髪や洗顔、化粧など、いつも行っていることができなくなってきた、
通勤や通学を考えると腹痛など体調不良になる、
食欲がなくなってきた。

 

などに該当する場合は、五月病を疑っても良いかもしれません。

 

明確な診断は医療機関を受診する必要がありますが、自分の状態を把握する参考にはすることができます。

 

新しい環境になじめない方は、古い友達などとゆっくりと時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

それだけでも少しだけストレスから緩和されるはずです。

 

>>次のページ

更新履歴